2021年7月4日FMWE旗揚げ戦ライブ配信決定!

「inside the ropes」に大仁田厚インタビューが掲載されました

「inside the ropes」に大仁田厚インタビューが掲載されました

イギリスのプロレス専門誌「インサイド・ザ・ロープ」誌。ライターのLiam Wyatt氏によるインタビュー記事が掲載されました。

https://itrwrestling.com/interviews/interview-with-atsushi-onita/

英字のため読みにくい!という方のために、一部翻訳してお伝えします。

目次

Onita-san, you recently announced the return of FMW, as FMW:E – why was now the right time to re-launch FMW?

These days, the world is suffering from a COVID-19 pandemic, so we tend to hesitate to start something new. I think it is time to take a chance, even in a hard time. Consumers spend less, and the economy is bad for show business today (because of COVID-19). So, I think starting from a negative would be the best way to succeed, because I should do my best, right? In Japan, the audience of people for events is still limited, and there are many restrictions such as not being able to make a loud voice (chant) in the venue. Even in everyday life, there is a lot of anxiety and stress, because we always take measures against infectious diseases. That’s why I wanted to show people something that could excite them.

Q :最近、FMWEとしてFMWの復活を発表しましたが、なぜ今、FMWを再始動するのに適した時期だと思いましたか?

A: 今は世界中がコロナの大流行で苦しんでいるときなので、なにごとにおいても消極的になりがち。そんな今だから、逆に、勝負に出ようと思った。コロナで消費やショービジネスが落ち込んでいる今だからね。マイナスからのスタートって最高じゃない?日本ではまだイベントには人数制限がされているし、会場内で大声を出しちゃいけないとか、規制がたくさんある。毎日の日常だって、感染症対策をして不安やストレスが多い。そんな窮屈な時だからこそ、人がワクワクするものを見せたいと思った。コロナで消費やショービジネスが落ち込んでいる今だから、マイナスからのスタートって最高じゃない?

How much of a role did AEW’s promoting an Exploding Barbed Wire Deathmatch play in your decision?

Even before AEW held the show, I wanted to do an original exploding deathmatch show in the United States. I felt a responsibility, and I also felt a sense of mission, because of the terrible explosion deathmatch CZW did. I asked American friends to help me with the fire lows and finding the venue. With AEW’s show, FMW’s exploding deathmatch was recognized around the world. It’s ironic, isn’t it?. After AEW’s show, many fans sent me messages. All of them said they want to watch my original explosion deathmatch, so I think it is the time to kick off the new promotion as FMW which I established long time ago.

Q: あなたはAEWの行った電流爆破において、どの程度の役割を担いましたか?

A: まったくかかわっていない。AEW は試合の少し前になって、「今度電流爆破の試合をするから、立会人として来場してほしい」とオファーをしてきた。電流爆破をやっていいかと許可を求めるわけでもなく、技術的な協力も求められなかった。あれはすべて AEW が独自にやったこと。あいにく、故 Mr.ポーゴの設立した団体から試合のオファーをすでにもらっていて、日程的にアメリカへは行けそうもなかったら断ったよ。ただ、俺の生み出した電流爆破を大きな団体がやろうとした、その意気込みに対してエールを送るビデオメッセージは送ったよ。

Now moving forward to 1995, you had a retirement match against Hayabusa. What were your feelings after that match?

I thought it was finally over. Why did I retire at that time? The deathmatch had become too radical. I thought in my heart that I would have no choice but to die in the end, as we were having to go further and further. At that time, I became septic and fell seriously ill. After somehow surviving, despite being told by the doctor that I had a 70% chance of mortality, I thought whilst in the hospitalised bed. In deathmatch, dying is not justice. It’s grotesque and not what I want to express. I survived and began to think on that. After that match, I felt like a big weight being lifted off my shoulders.

Q: ハヤブサとの引退戦がありました。その試合に勝った後のあなたの気持ちはどうでしたか?

A: やっと終わった、と思った。その当時なぜ引退したか?デスマッチが過激になりすぎていた。もっと激しく、もっともっと、とやっているうちに、最終的に死ぬしかないだろうな、と心の中で思っていた。そんな時に敗血症になり危篤になった。医師から 70%死ぬと言われたにもかかわらず何とか生還したあと、入院しているベッドで思った。デスマッチにおいて、死ぬことは正義じゃないって。それはグロテスクであって、俺の表現したいものじゃない。生き延びてそんなことを思うようになった。
だから、その試合の後は、重たい荷物を下ろしたような、そんな気持ちになったよ。

With thanks to Onita-san and his team for their time. FMW:E’s debut show, Independence Day, will broadcast on July 4th. Tickets to stream the event can be found here.

全文はぜひインサイド・ザ・ロープスのウェブサイトでご確認ください。

7月4日の旗揚げ戦が迫ってきました!会場で観戦されない方はぜひライブ配信でご覧ください。ライブ配信チケットはなんと1,000円!

見逃し配信もありますので、なんどでもご視聴いただけます。

以下からご購入ください。画像をクリックするとZAIKO販売ページへジャンプします。

https://fmw-e.zaiko.io/_item/339736

ZAIKOでチケットご購入、ご視聴の方法は、ZAIKO公式の案内動画がわかりやすいので、ご参照ください

未分類カテゴリの最新記事